FC2ブログ

記事一覧

外部テストで笑うのは誰か~二段重ねの枕

さて、ハルビンカフェさんのコメント(2018/07/28 15:20)を受けてのお話(とはいえ、埼玉の友人の受け売り)。

北辰の成績で埼玉の私立高が「合格の約束」を出すようになって、喜んだのは「受験生」「北辰」「塾」そして「私立高校」。

受験生が喜ぶのはわかる。一発入試よりも3回4回やって上位2回の成績で「約束」がもらえるなら、プレッシャーも少ないし、早くに安心できる。
北辰は当然喜ぶ。自分たちの模試を受けなければ、私立入試で不利になるのだから、受験生がバンバン受けてくれる。経営が安定する。
そして塾も喜ぶ。北辰でいい成績を取ろう、というスローガンで受講率があがるし、さらには入試よりも早期に実施される北辰の対策ということで、受講期間が長くなり塾生単価も高くなる。

「受験生」「北辰」「塾」。みんな喜んでいるこの三者の中で、じつはまったく恩恵のない人がいる。誰だかわかりますか?

答は「受験生」です。一見、早め早めにいろいろなことが決まって「受験生に優しい」制度に見えますが、実は倍率が変わる訳でも、難易度が変わるわけでもない。
自分は楽になったと思っているが、それは敵さんも同じことで、相対的には有利も不利もない。
入学試験という性質上、絶対的な得点が上がることよりも、相手よりも1点でも多くとることの方が合格に近づくことになる。

ということは、受験生は喜んでちゃダメなわけで、早め早めに北辰対策をしていかなくちゃいけない。

実はここまでが枕でして、ここからが本題。(枕が長い!)

もう一人、恩恵のない人がいるんです。それは「私立高校」。
自分でやっておいて恩恵がない、というのも奇妙な話ですが、実はこういうわけです。

一発入試でまぐれ当たりの生徒を取るよりも、北辰でコンスタントに点数の取れてる生徒を取った方がいい。
最初はそう思っていたのですが、そのうちあることに気が付きました。
「これは学力がある生徒を取ってるんじゃなくて、北辰テストの優秀者を取ってる、ということだぞ」

まあ、当たり前と言えば当たり前。自校の入試で点数の取れる受験生(つまり、その学校で「欲しい」受験生)を冷遇した、当然の結果です。
北辰テストは受験者が多いという素晴らしいアドバンテージがありますが、北辰テストの考える学力と、それぞれの学校が考える学力が一致しているわけがなく、結果的に埼玉の私立高校は一様に魅力をなくし、公立王国に拍車をかけるだけの結末となった。

現在の埼玉の高校入試は、今でも公立王国である。
が、事情は少しずつ変わってきている。
まず中学受験が浸透してきたので、優秀者が私立に進学するようになってきた。結果、浦高の一極集中が崩れている。


学校名 卒生 東大 京大 一工 早慶
県浦和 *368 **22 **14 **28 *202
浦一女 *363 ***4 ***0 ***0 **62
大宮高 *394 ***5 ***2 **22 *114
栄東高 *446 **14 ***0 ***7 *197
開智高 *587 **18 ***4 **15 *168


また栄東や開智といった優秀者を集めている学校以外でも、大宮開成や春日部共栄や昌平という中堅校から難関大学の合格者がコンスタントに出るようになった。

学校名称 卒生 早慶 上理 MARCH
大宮開成 *543 **85 **90 **455
春日部共 *579 **24 **33 **148
昌平高校 *419 **26 **23 **113


しかしまだそれは「しっかり勉強させてます」というアピールだけの話なので、本来の校風云々で受験生や保護者を誘惑できている学校は、浦和明の星の他、数校にとどまっている。

結局こうやって長いスパンで考えていくと、私立学校というのはテストの点数の高い生徒を取ることよりも、自分の学校に興味を持っている生徒を取った方が、うまくいくということですな。
そりゃあ、テストの点といっても、95点の生徒をたくさん取れるならいいでしょうが、多くの学校にとっては55点より60点といったレベルになるから。

……さて、ここまでが本当の枕(!)。ここから本当の本題。

恋愛も似たようなところがありまして、スペックの高い相手よりも、自分に興味を持ってくれている相手と過ごした方が、長い目で見るとうまくいく可能性が高い、と言えるんじゃないかな。
(個人の感想です)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

 北辰テストこそ 「学校の序列化」「偏差値輪切り」の最たるもの、という感じがします。

一度序列が固定すると逆転は難しい・・・・

と思っていましたが 不思議と「凋落」する学校はある。
西武文理・・・昔は 川越や浦和の併願にもなっていたと思うのですが、どうしちゃったんでしょう?

城北埼玉・・・ 城北埼玉は 北辰確約なかったかも。ここも 川越 浦和の併願だった。みる影もない。

「上がるのは難しく 下がるのは簡単」と言うことか?


※と書いてから 埼玉の高校偏差値表見たら 西武文理も 城北埼玉もしっかり上にいた。 ほほほ。失礼。
 中学受験の偏差値表見て、「両校とも低いなあ」と思ってしまった。  中学と高校は別物、ね。
 失礼失礼。

城北埼玉と西武文理

> ※と書いてから 埼玉の高校偏差値表見たら 西武文理も 城北埼玉もしっかり上にいた。 ほほほ。失礼。

実は西武文理も 城北埼玉も、進学者偏差値はダダ滑りです。
ですからハルビンカフェさんの「直感」は正しいです。

それでも合格者偏差値表から落ちていないのは、受験者の質は大きく落ちていないから。
但し、合格しても、優秀者には選ばれない学校になっています。

たとえば城北埼玉は浦高や大宮、あるいは川越の併願校としてかつて強い立場にあって、県立落ちたら進学していたのですが、最近は栄東、開智進学者が多くなりました。
城北埼玉は、栄東や開智にも落ちた生徒が進学していると思われます。
これは大学合格実績を見れば一目瞭然で、2018年の城北埼玉は東大京大東工大はゼロで、国立21名(現役10名)。最難関は現役だと北大(2名)、浪人だと一橋(2名)。国公立の医学部はゼロ。

西武文理もかつては東大合格者数、埼玉私立で1位でしたが、2018年は2名。国公立医学部は3名。
西武文理は学園長の私的流用問題もまずかった。
ちなみに以前伺った時、校内の至る所にへんちくりんな彫像がありました。あれって、流用問題と関係あったのかなあ。

大宮開成MARCH455名合格

ちなみに大宮開成の卒生543人に対してMARCH455人というのは、打ち間違いじゃないからね。
国立78名(現役73名)。旧帝15名(東大2名)。
中高一貫部が約120名だから、そこだけがたたき出している数字じゃない。
高入生も相当な数字を出している。

昔の人に聞くと、大宮開成はかつては「とにかく高校を卒業させてやりたい」という保護者の希望に沿った学校だったらしい。

No title

>大宮開成

 四谷大塚の偏差値を見ると 44〜54 (コースによって違う)

 これ、結構 お得感ありますね。千葉にあったら考えたかも・・

<しつこく北辰テスト>
 神奈川のアテスト 東京の学校群 埼玉の北辰テスト・・・  まあいろんな制度がありました。

 その中では 北辰テストは「一般企業の利権」ということを除けばいい制度のように思います。学校の内申点で併願確約出すよりは テストの方がスッキリする。(と、内申嫌いのオラは思う)
 

埼玉事情

学生時代、埼玉の塾で中学受験と高校受験の生徒を担当していました。
うん十年前の話ですが、当時の高校受験の序列としては、慶應志木、早大本庄(当時は男子校)は別格で、男子は浦高、女子は浦和一女を頂点に、県立トップ校併願の私立として、男子は城北埼玉、川越東、女子は浦和明の星、淑徳与野、あたりでした。共学は西武文理、少し離れて武南とかも有りました。栄東、開智、大宮開成などは、当時は聞かなかったですね。当時の埼玉は、私立を下に見る風潮があり(早慶と開成は別)、大宮、浦和西はもちろん、蕨、川口北あたりでも、県立を選択するケースが多かったように記憶しています。

複数回の外部テストの活用についてですが、受験生の中で恩恵を受けるのは、元々実力が有って、きちんと対策をする子、一方で、一発勝負なら上位層のアクシデントによって繰り上がっていた子は、割を食いますから、受験生全体ではゼロサムです。
実は、内申書というのも、本来はアクシデントで普段の実力が出ないケースの救済で有ったり、本番のペーパーでの数点の違いのために対策に血道を上げる事を防ぐ、という目的もあるはずですが、学校毎、教員毎の公平性、透明性が問題になり、結局は共通のペーパー試験で決めるのが一番公平で透明じゃないか、という議論に戻っていますね。

小声で話される内容

> >大宮開成
>  四谷大塚の偏差値を見ると 44〜54 (コースによって違う)
>  これ、結構 お得感ありますね。千葉にあったら考えたかも・・

実はそんなに成績なくても入れます(小声)
まあこれは埼玉のほとんどの私立中学に言える現象で、「よほどのことがない限り、受け続ければ受かる」(超小声)

表組、ズレてる?

内容じゃなくて、見た目の話。
本文の表組、スマホで見ると揃ってるんだけど、PCで見るとズレてるんだよなあ。
俺の設定の問題なのかな?

みなさんはどうですか?

No title

うちのPCでも、学校名が少し左に寄っています。
でも大丈夫ですよ。

スマホは揃っています。

No title

 しかし改めて考えてみると不思議です。

 高校受験で 「模試併願確約」を受け入れる学校が なぜ中学受験では受け入れないのか?
 滑り止めでいいなら 中学受験でも やればいいのに??(青田買いできる)  もしかして「禁止されている」んでしょうか? または、「高校受験は教育委員会からの圧力(15の春を泣かせるなとか)で 仕方なく受け入れている??」

 なんとなく後者のような気もします。

(やっぱり 模試確約は メリットないってことか・・)

模試の確約かあ

>  しかし改めて考えてみると不思議です。
>  高校受験で 「模試併願確約」を受け入れる学校が なぜ中学受験では受け入れないのか?

うーん、どうしてでしょうね。
偏差値的に中堅より下の学校なら、充分やってもいいと思います。
たとえば2/1、2/3に入試を実施ているなら、
「もし2/1に本命の学校さんがあるなら、2/1はそちらを受けていただき、ご縁がないような場合は本校を2/3受けてください。この成績なら大丈夫です、安心して受験してください。」
こういう戦略、あってもいいと思うのだが……

No title

段々思い出して来ました。

 埼玉で塾講師していた頃、何回か私立学校の「塾向け説明会」に行った。 県内の大手中小の塾関係者が集められ、学校の説明がひとしきりあった後、立食パーティかなんかで飲み食いできる。
 まあ、プチ接待されるわけですニャ。

 で、学校の説明は適当に聞いて、「当校は今年は北辰単願はいくつ 併願はいくつです」 と言う偏差値だけみんな真剣に聞く。そしてメモする。で、ビールでも飲んで帰ってくる・・・

 そんなことがあった。

埼玉の私立中学の説明会風景

埼玉の中学受験の話の続き。

とある中学では、学校説明会の時に「来年はこんな問題を出しま~す」という話をするらしい。
どこまで詳しく言うのか知らないが、噂によると
「円が直線上を転がるときの、円周上の点Pの動き」みたいな話らしい。

俺の知り合いによると、埼玉の私立中学は「教育者」というより「商売人」に発想が近いらしく、どうやったらお客さんが集まるかを重点的に考えてるらしい。
これはこれで面白いし、保護者としては「アリ」だと思う。
で、受験者の集まらないところは、総じて商売人としての努力が足りていない。
尤も埼玉の私立中学は半分以上が、集客に苦しんでいるが。

教育者だろうと商売人だろうと、駄目なところは駄目なわけだ。

>とある中学では、学校説明会の時に「来年はこんな問題を出しま~す」という話をするらしい。

聖光学院が過年度入試問題のポイントを公表しているのを知って、親切だなぁと思いましたが、来年度入試問題のポイントを教える学校があるとは!

開始の合図とともに問題用紙を開く。
どの大問にもこれまで見たことがないような設問があるぞ。
解けるのかな?
ああお腹が痛くなってきた。
残り時間も少ないのにこの計算続けていていいのかな?
こっちの問題もちがう補助線を引いたほうがいいのかな?
ああお腹が痛いし、手も震えてきた。

・・・といったことに気圧されずに、文字通り残り1秒まで得点に執着するのが、個人的には入試本番の醍醐味なんだけれどもなぁ(もう経験したくないけれど)。


今度勉強のためにそういうショーを観劇に行こうかしら

俺はよく知らないんだけど、ステージの上で服を1枚1枚脱ぎながら踊るショーがあるらしい。
で、ホントによく知らないんだけど、一気に脱がずにもったいぶって脱いだ方が、ショーとしての完成度が高いらしい。
こういうのをチラリズムというらしいんだが、よく知らない。

おそらくこの説明会も、そうした作戦があるのではないだろうか。
ちょっと見せて、「おおっ」となったお客様を捕まえる。
さらに言うなら、そういう説明会があるらしいという情報でお客様を集めて、首尾よく学校の話を聞かせて、最後に「おおっ」とショーを見せる。
よく知らないけど。

>俺はよく知らないんだけど、ステージの上で服を1枚1枚脱ぎながら踊るショーがあるらしい。
で、ホントによく知らないんだけど、一気に脱がずにもったいぶって脱いだ方が、ショーとしての完成度が高いらしい。

なるほど。私もよく知りませんが、そのような形で少しずつポイントを開示していくのであれば、聴衆の緊張感はかえって高まり、「残り1枚」に向けた執着心も損なわれないと思いますので、よい取り組みですね。よくは知りませんけれども。

No title

私も、そのようなショーには疎いのですが、全部見せますと言いながら、肝心な部分は開示されないという、看板倒れの事も多々有るようです。

No title

>開始の合図とともに問題用紙を開く。
どの大問にもこれまで見たことがないような設問があるぞ。解けるのかな?

数学のテストというのは独特の感じがあります。

○いい時
 頭の回転に対して鉛筆のスピードがついてこない。もどかしい。最後の5分でもどんどん解けていく。
 ああ時間が足りない。もっと書きたいのに。
 終わった後、頭がオーバーヒートしていて焦げる匂いがする・・・

○数学パニック
 それに対し、悪い時がある。数学パニックだ。
 小問集合終わった。思ったより手こずったな。まあいい、こっからが勝負だ。まず 2番。 ううん。1)は解けたが 2)はわからない。 いいや後回しだ。 3番・・・  4番  5番・・・ あれ? おかしいぞ。解けない。もう一度2番だ。 3番 4番  あれ?こんな筈はない。俺は数学得意な筈だ・・・落ち着け。何か条件を見落としているんじゃないか?
 ああああ 残り5分だ・・  4 3 2 1 

 撃沈。

ハルビンカフェさんがおっしゃること、ものすごくよくわかります。

何度かパニックを経験して、そんな自分の心を飼いならす術を学ぶのが、模試の一番の効用だと思ってます。

「練習は本番のように。本番は練習のように」と何度自分に言い聞かせたことか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント