FC2ブログ

記事一覧

体罰とアロンゾ・パウエル~鉄火巻にはわさびをきかせてくれ

体罰を巡る議論でいつも不思議なのは、なぜ世の多くの大人たちは、他の時なら教師のことを「社会のことを知らない」だの「考えが大人じゃない」だの「左巻き」だのとコテンパンに言うくせに、こと体罰になると「悪ガキは一発たたかなくちゃダメだ」みたいな話になるのだろうか。
「社会のことを知らない」「考えが大人じゃない」「左巻き」の人間の扱う暴力に不安を感じないのだろうか。
(ちなみに掛布のレフトポールを左に巻く、浜風に載せた甲子園のホームランは美しかった。俺は「左巻き」という言葉を見ると、あのスライスのかかった弾道を思い出して少しばかり幸せな気分になる。さらに「右巻き」というとなぜか鉄火巻きを思い出し、それも太い鮪にわさびを豪勢に使った鉄火巻きで、これはこれでやはり幸せな気分になる)

こうやって脱線ばかりしているとなかなか本題が進まない。

子どもたちに非があるとして、それを罰する大人に「体罰」(=暴力)を許せばどんなことが起きるのか。

ちょっと昔の話。大学に行くときに使う電車に「正義爺」というのがいた。年は60か70か。背が高く、髪が白く、杖を突いていて、電車内を歩きながら、足を投げ出している奴や股を広げて座っている奴がいたりすると、その杖でつつく。
「マナーを守らんか!」

で、ある日。俺が電車に乗ると、俺の前に一見してその筋の人が座っていた。3人だか4人だかまとまって、談笑している。むろん、足なんか投げだすに決まっている。股だって広げているさ。
そこに隣の車両から「正義爺」がやってきた。さあ、見ものだ。どうなったと思います?

「正義爺」はその場で立ち止まり、その筋の人たちなんていないとばかりに吊革につかまり、次の駅で降りていった。いつもは降りない駅だ。

俺は別に正義爺を揶揄したりする気はない。彼は彼なりの、そして理屈に合った正義を信奉していたのだ。問題があるとすればそれは、彼の正義は揮える相手にだけ揮える正義だった、ということだ。相手によって拳をあげたりおろしたりする正義。それがいわゆる「現実の正義」だ。

教師だって同じさ。体罰を揮える相手には容赦ナシだろうね。本人に刃向かう気がない、親に力がない(クレームを言ってこない)、仲間もいない、挙句の果てには、顔つきがむかつく、なんていう理由でひっぱたくんじゃないのかな。
逆に本人が強い、親に力がある(面倒くさい状況になる)、仲間がいる、そんな奴には拳も固めないだろうぜ。

さて、もう一つ、思い出した話がある。
かつて中日ドラゴンズにアロンゾ・パウエルというスラッガーがいた。(3年連続首位打者!)
そのパウエルの、当時の中日監督・星野仙一とのエピソード。(wikiより引用)

星野仙一の鉄拳制裁と称した暴力行為には前々から不満を持っており、1997年のシーズン中に星野が打ち込まれたリリーフ投手に殴るなどの激しい暴行を加え、病院行きになるほどの怪我を負わせた翌日、「自分がそんなに強いと思うなら、私を殴ったらどうだ。救急車で病院行きになるのはあなたのほうだぞ。これ以上、ほかの選手を殴るのはやめてくれ!」と訴えたという

で、星野はパウエルを殴ったか?
星野氏はにやにや笑って出ていったそうな。
(ちなみに俺が後年とあるスポーツ紙の記者に聞いたところ、その時一番殴られたのは中村武志捕手で、パウエルが一番気にかけていたのも中村だったらしい。)

正義なんて結局自分の都合で、現れたり消えたりする。
いろいろな理由をつけて、殴れる相手だけ殴るようになるのが、体罰の行く末さ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

No title

オラも小学校の頃 よくぶん殴られた。公立小だ。
あと、両耳をひっぱって持ち上げられる、と言うワイドショーネタ確実な体罰も横行していた。

中学の時は暴力数学教師がいた。オラも殴られた。ただ、その教師は妙に人気があった。
 体罰教師で人気がある、と言うのは JGさんに言わせれば「物語」かもしれん。 

さて、
 「課題提出しなかったら 宿題2倍」は体罰じゃないのか?
 「ミスしたらグランド10周」は体罰じゃないのか?

ついでに
 「テストの点が悪いからって留年させるのは体罰じゃないのか?」 

※まだ西日本。 今 ホテルの部屋に帰ってきてビール飲んでいる。意識朦朧・・・
 

昔の記憶をひっぱり出してみる(難解な作業だ)

>  「課題提出しなかったら 宿題2倍」は体罰じゃないのか?
>  「ミスしたらグランド10周」は体罰じゃないのか?

以前(もう20年ぐらい前)、用があって「学校教育法」(施行令と施行規則もセット)に目を通したことがある。
その時の知識では
1.暴力(愛があろうとなかろうと)
2.教育を受ける権利の阻害
この2つは禁止規定に入っていたと思う。

というわけで「課題提出しなかったら 宿題2倍」はセーフ。(但し20倍だとアウトかもしれない)
「ミスしたらグランド10周」が授業中ならアウト(教育を受ける権利を阻害している)。
つまり「廊下に出てろ」もアウト。でも「後ろに立っとれ」だとセーフ。

部活で「ミスしたらグランド10周」の場合は、体力的に問題ないならセーフ。
但し10周ともなると、何かの加減で倒れたりしたら、一気に「高度な」責任問題になるのは必至。

ただねえ、昔の知識だし、何しろ「高度な」アルコールが俺の身体の中を何周も走ってるから、よくはわからない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント