FC2ブログ

記事一覧

大学受験に向けて、塾や予備校にはいつから通う?2~浪人しても伸びない奴はいる。むしろ過半数。

このブログの1000番目のコメントを書いてくれたクロコマさん(※1)に、「賞品として、書いて欲しいの記事の内容がありましたら教えてください」と言ったら

個人的には、中高一貫の学校に子供を通わせている家庭にとって面白そうな話題がいいなあ。
その点、塾や予備校にいつから通わせるか、というのは興味があります。
他はたとえば、中高生の親はどのような形でどの程度子供に関与するのが望ましいか、かな。


とのこと。
で、今回は「塾や予備校にいつから通わせるか」の話をふくらませようと思います。

前回「大学受験に向けて、塾や予備校にはいつから通う?」で、学校の授業についていけないなら早いうちにと書いた。
じゃあ、ついていけてるならいつから通えばいいのか?

対外的には「高1から」と答えている(※2)。いうなれば高入生と同じタイミングが、中高一貫生が受験勉強をスタートさせる時期だと思う。
尤も、高入生とはそれまでにやってきた内容がちょっと違うので、「高入生と同じタイミング」と言っても単純に比べられるものじゃないけど。

さて、高1というのには、少々ワケがある。そのワケを話す前に、このタイミングで始める教科は数学と英語がいいだろう。
その他の教科は高3から始めるぐらいでちょうどいい。国語やら物理やら世界史などに時間を使うなら、英語と数学にこれでもかと時間を使った方が、受験戦略には有利に働く。
但し、英語なり数学なりがかなり完成されているというのなら、この限りじゃない。どうぞ漢文でも倫理でもやってくれていい。
(倫理をやって後で泣いても俺は知らないが)

鉄緑会などは、高2から物理や化学、国語、世界史などを用意している。高2で固めておけば高3が楽になる、というのが彼らのキャッチフレーズだが、まあ間違いじゃない。
間違いじゃないが、そこまで固めなくても、高3でやればいいというのも本当のところなので、俺の感覚としては高2まではとにかく数学と英語をガチガチに鍛えておいた方がいい。
(鉄には鉄の営業があるから、あまりそこにはつっこまない)
その他教科は高3や高4(?)でスパートがかけられるが、英語と数学だけはどうにもならない。
俺が今調べている「浪人して伸びるのは2割、変わらないのが6割、逆に落ちるのが2割」という世間に流布されている仮説では、伸びている2割のほとんどが「現役時に英数は出来ているが、そのほかは穴だらけ」という学生だ。

というわけで、英語・数学を中心にスタートさせるのが王道だが、何故高1なのか。
その理由の一つは、数ⅠAがあらかた終わったタイミング、だからだ。
数ⅠAはどういうわけか、中高生がよくつまずく。むろん「どういうわけか」はわかっている。
難しいのだ。

以前とある会社の人事部の人と話していて、しきりに「数Ⅲができる人はすごいねえ」と言うので
「ほう、数Ⅲができると違いますか」
「そりゃそうだよ、何しろ一番難しいんだから」
はて。まあ数Ⅲは簡単じゃないが、一番となるとどうだろう。というか、数Ⅲのどの単元のことを言ってるのだろう。
聞いているうちに分かったのだが、この人はⅠ、Ⅱ、ⅢとあるのだからⅢが一番難しいのだろう、という認識だった。
ぎゃふん。

まあこんなふうに考えているせいか(そんな奴は少ないだろうが)、数Ⅰを与しやすいと勘違いしてつまずいてるんじゃなかろうか。
で、数ⅠAがあらかた終わったあたりから始めると、復習にもなり、穴ふさぎにもなり、なかなか都合が良い。
さらに言えば、高校1年というのは何かを始めるのにキリのいい時期だ。親の方も勧めやすいし、子供も従いやすい。
とはいえ、高2じゃ遅いのかと言えば、そうでもない。名だたる進学校のトップ10%にいるなら、高2からでも全然問題ない。
むしろそういう生徒はおそらく自学自習ができるのだから、今使っている参考書をボロボロになるまで使い込んだ方が効率はいいだろう。で、高3からスタート。まあ盤石の受験戦略だ。
でも、言うまでもないことだが、そんな生徒そうそういない。
だから高1がひとつの「考えどころ」になるねえ。

(※1)ちなみに最初のコメントを書いてくれたのもクロコマさんでした。
2000番目のコメントの時も同じようなことをやろうと考えてますが、11月ごろになる予想です。まあそれまでこのブログが続いているのか、わからんですが。
(※2)じゃあ、対外的じゃないときはどう答えているのかについては、また後日。

にほんブログ村 受験ブログ 大学・大学院受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

数1って結構難しいと思います。
むしろ数2の方がパターンがはっきりしていて易しいという実感はある。

数1はとにかく範囲が広い。新しい概念が次々出てくるし・・
 大学入試2次試験でも「数1の問題は侮れない」と考えていました。意外な難問だったりパターンが使えなかったりすることがある。

※ただし私のいう 数1 数2 というのは数十年前の分類です

No title

>対外的には「高1から」と答えている

なるほど。
しかしせっかく スーパーサイエンスハイスクール入ったんだから、高校上がったら 科学関係の部に入って、英語の塾にでも通って 勉強の比重を高く・・・
 と思っていますが、きっと 高校入ってもサッカー部に入るつもりなんだろうなあ。
 そうしたらせっかく私立入ったのに浪人かなあ。
 う〜ん

No title

やっぱ高1からかー。
息子、高1になったけど、まだ数学の塾には通ってないです。
あいつ、授業理解してるのかなー。
成績は(多分)真ん中くらい。
期末試験の問題見せてもらったけど、割と難しいんだよねー。
あんなものかなー。
そこらへんも夏休みにゆっくり話をすることにしよう。

一つ分かってるのは、もしも今彼が鉄緑会に入塾しても落ちこぼれるだけ、ということ。
というか、入塾できんのか?って感じです。
毎朝1時間数学の勉強しろ、って言うのかな。
小学生のときのように・・・

No title

 皆さんもそうかもしれませんが、
テレビのクイズ番組は 子供と真剣勝負だ。
まだまだ負けない、と思っているが、 ころっと
負けたりする。
(でも、その負かされ感が 実に気持ちいい。酒が進む)

 これが鬼嫁だとそうはいかない。絶対に勝つ。
 負けたら絶望的に悔しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント