FC2ブログ

記事一覧

2019東大合格者都道府県別高校種別

そういえば、こんな話を思い出した。とある男がこう言った。「おれの頃の高校受験は、私立行くのは県立行けないやつばっかりだった」出身は東北かなと思ったら千葉だった。そうか、千葉あたりでも30年前はそうだったのか。そこでふと、今の千葉の私立はどうなのかと思い、千葉の高校事情を探っているうちに、埼玉の公立王国はいつまで続くのか、東京はどれだけ都立が盛り返しているのだろうか、などと気になった。で、めんどくさい...

続きを読む

モンティ・ホール問題という格好のテキスト

皆さんは「モンティ・ホール問題」というのをご存じだろうか?確率や数学のゲームが好きな方なら、有名なエピソードである。詳細はWikipediaに任せるとして、ここでは概略だけをご紹介します。「プレーヤーの前に閉まった3つのドアがあって、1つのドアの後ろには景品の新車が、2つのドアの後ろには、はずれを意味するヤギがいる。プレーヤーは新車のドアを当てると新車がもらえる。プレーヤーが1つのドアを選択した後、司会のモン...

続きを読む

1985年と2018年

このブログのタイトルにある「中学受験のギャップ」を一番実感できるのは、かつて中学受験をして、いま子どもの中学受験に臨んでいる親たちであろう。こんな学校初めて見た、というのが結構あるに違いない。ここで下の表をご覧ください。おお、このブログ初の図版である。(スマホの方はタップした後、その画面を再度タップして、それからピンチアウトしてみてください)これがうまく貼れるようなら、これから写真なんかもじゃんじ...

続きを読む

桐朋中は正念場が続く

最近は法政だの中央だのと、今後が期待できる学校の話が続いたので、今回は逆に「期待できない」学校のお話。というわけで名門・桐朋中学の登場です。パチパチパチ。まずは桐朋中学のY80結果偏差値と大学合格実績の関連から。【桐朋中学】Y80結果偏差値偏差値の右の→後の数字は6年後の東大・京大・一橋・東工・国公医・合計の現役合格数年 偏 東 京 一 工 医 計08 60→13 04 15 09 06 4709 60→06 02 06 10 05...

続きを読む

中央大学法学部が八王子から帰ってくるってよ

先日の記事「女子高生に人気のキャリア…デザイン…学部…?」(2019/09/20)で話した予備校の先生のお話の続き。今回は中央大学が法学部を多摩キャンパスから都心に移すというお話。中央大学、法学部の都心移転スケジュールを理事会で決定中央大学は理事会を開き、東京都八王子市の多摩キャンパスにある法学部の東京23区内移転計画について審議し、2023、2024年に順次、移転するスケジュールを決定した。(大学ジャーナル 2018年9月...

続きを読む

女子高生に人気のキャリア…デザイン…学部…?

「キャリアデザイン」という言葉から、皆さんは何を思い浮かべるだろうか?先日仕事で予備校の人と話す機会があった。話は主に共通テストのことだったが、わきに逸れた話でこんなことがあった。「ジャーナルさん、最近の女子高生に人気の大学・学部って、どこをイメージします?」「やっぱり青学かなあ。青学の英米あるいは国際」「今一番彼女たちに話題なのは、法政のキャリアデザイン学部ですよ」ほう、法政ね。意外だな。ところ...

続きを読む

ハンバーガーを何個まで食べられるのか?

先日、サービス業のとある研修会に参画させてもらった。その研修会の中に「マニュアル作成と実践」という項目があり、そこで予定されている研修シナリオの梗概をパラパラ見ていたら、思わず「あっ」と声を上げてしまった。ハンバーガーを10個注文された時に「店内でお召し上がりですか」と聞くマニュアル人間声を上げた理由は、このフレーズ、もう四半世紀前からある鉄板のフレーズだからだ。「懐かしいなあ、まだこれ生きてるんだ...

続きを読む

角田喜久雄が激高し、乱歩がビールをかけられた夜

角田喜久雄という作家を知っていたら、あなたはかなりのミステリー通です。中学受験的世界観に直すと御三家に入れるレベルです。何故いきなり角田喜久雄なのかと言えば、先日ミステリー仲間とお喋りしていたら、角田喜久雄のこんなゴシップを聞いたからだ。角田喜久雄が激高し、乱歩がビールをかけられた夜。さて角田喜久雄に関して簡単なブリーフィング。角田喜久雄は戦前・戦後に活躍した伝奇作家・ミステリー作家。代表作は「高...

続きを読む

麻布生の東大合格倍率は3.3よりも上か?下か?

突然ですが今日はクイズから始まります。問.2019年度の東大の合格倍率は約3.3倍だが、同じく2019年度の麻布生の現役東大合格倍率はつぎのうちどれだろうか?A.約1.8倍B.約3.3倍C.約4.1倍『ファクトフルネス』(ハンス・ロスリング)という本を先日読んだ。「事実に基づいて世界を見直してみよう」という趣旨の本で、大変面白く読んだ。ご興味のある人は、webで書評がたくさん出ているので参考にしてみてくださ...

続きを読む

麻布学園にとって不都合な真実

今回は麻布学園にとって甚だ具合の悪い、しかしながらまぎれもない真実のお話です。先日、知り合いのところに遊びに行ったら、そこの息子(麻布高校3年生)が在宅していたので、そのうえ同じ麻布の友達も来ていたので、学校の話などをワイワイガヤガヤとした。俺「受験生だね。大学はどこ受けるの?」麻1「やっぱ東大っしょ」麻2「俺も東大ッス」俺「センターは解いてみた?」麻1「解きましたよ、ちょうど700点ぐらい」麻2「...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント