FC2ブログ

記事一覧

コンサルのする意地悪

ジャーナル・ギャップとはいかなる人間か。カッコよくて情に厚くてケンカと酒に強いけれど女に弱い。こんな感じか(強要しかし実際には意地悪なところもあることを、今夜は白状しよう。コンサルという人種の特性か、時折こともあろうにクライアントに意地悪なことを仕掛ける。以前記事にもした「少し話したぐらいで「人間」がわかるはずないぜ」(2019/05/25)なんかもそのひとつの例です。こんなことやってもお互い何の得にもなら...

続きを読む

公立中→公立高→地元国立大学という想像とは違う難度のルート

中学受験へのアンチテーゼとして、「公立中→公立高→地元国立大学で十分にいいところに就職できる」というのがある。これは全くその通りだし、ケチのつけようがない。ただ、これだとまるで、「公立中→公立高→地元国立大学」というのが簡単に遂行できるルート、という印象を持たれてしまうのが難点だ。たとえば埼玉大学の場合。埼玉大学に合格者数の多い高校は、不動岡高校と春日部高校(ともに26名)。不動岡高校の場合、埼玉大学以...

続きを読む

フェルミ推定の黄昏

本日はお仕事の話をします。コンサルという仕事をしていて「つまらんなあ」と思うのは、まったく有効でない商品を売るような場合。最近少なくなってきて嬉しいのだが、一時は採用マニュアルでフェルミ推定を盛り込んだものを山ほど作った。あれは「つまらんなあ」という仕事だった。フェルミ推定なんか聞いたことがないという人もいると思うので、ここでフェルミ推定に関して少し説明を。東京にマンホールの蓋っていくつあると思い...

続きを読む

中学受験 VS 浦高受験、勝つのはどっちだ?!

本日は久しぶりに悪口を書きます。よくこんな風に「悪口を書きます」なんて書いておきながら、結局は提灯記事を書く人がいますが、俺の場合は純粋な悪口ですから安心して(?)読んでください。先日ネットでちゃかちゃかと検索していたら、「中学受験 VS 浦高受験」というタイトルを見つけた(どうでもいい話だけど、「VS」にドットがないとちょっと違和感があるんだよなあ)。雄飛会という埼玉の浦高受験専門塾のブログです。「...

続きを読む

【緊急告知】1日100本ショーを開催します

先日、某社の営業と電話で話した。仕事の話というより、愚痴を聞いてあげたような電話だった。その某社の親会社は塾を経営しており、某社では伝教育掲示板を運営している。(え?頭についてる「伝」って何かって?ほら、伝聖徳太子とか伝源頼朝像というやつです。聖徳太子らしいよ、とか源頼朝っぽいよね、というワケ)電話をしてきた営業は掲示板のバナー広告を売っているのだが、なかなか売れないで困っていた。そいつの営業力が...

続きを読む

早稲田大学・慶應義塾大学はどれぐらいの難関なのか?3~旧帝はむしろお買い得なのか

前回「早稲田大学・慶應義塾大学はどれぐらいの難関なのか?2~地方旧帝では厳しい」(2019/09/02)は、早稲田大学(以下早大)と慶應義塾大学(以下慶大)がどれくらいの難関なのかを、『週刊朝日』(2019年4月5日号)の「東大・京大合格者実名アンケート東大文系編」と、首都圏某男子校(東大ベスト10常連校)のデータを用いてお話ししました。ただ前回は文系の話だったので、今回は理系について書いていきます。尤も『週刊朝日...

続きを読む

早稲田大学・慶應義塾大学はどれぐらいの難関なのか?2~地方旧帝では厳しい

今回は前回「早稲田大学・慶應義塾大学はどれぐらいの難関なのか?1~メルカトル図法のような偏差値表」(2019/09/01)の続きです。早稲田大学(以下早大)と慶應義塾大学(以下慶大)がどれくらいの難関なのかを、国立大学との比較で明らかにしようと思います。まずは東大に合格した人のどれくらいが、早慶に落ちているのか。東大に比べ難関度合いが遥かに落ちるのであれば、殆どの人が落ちない筈なのだが、さてどうか。予備校に...

続きを読む

早稲田大学・慶應義塾大学はどれぐらいの難関なのか?1~メルカトル図法のような偏差値表

早稲田大学(以下早大)と慶應義塾大学(以下慶大)が難関大学というか、私大最難関なのはよくわかるとして、ではどれだけ難関なのかという話になると、結構話が乱れる。つまり国立大学との比較になるから。予備校の偏差値では母数が異なるせいで、うまく比較ができない。ちなみに母数のちょっとした違いに目を瞑ると、こんな感じになる。※河合塾の数字を使用※早大・慶大・東大・一橋の文系学部による比較72.5 慶大 環境情報70.0...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント