FC2ブログ

記事一覧

中学受験いろは歌留多4~浅き夢見じ酔ひもせず京

いよいよ、中学受験いろは歌留多の第4弾(【あ】~【京】)、最終回です。【あ】あなたのためなんだから10歳から12歳の少年少女が頑張る理由の第一位は、「親のため」らしいぜ。それじゃあ「自分のためなんだから頑張りなさい」なんて言ったところで、頑張るわけないか。でも「お母さんのために頑張って」と言ったら頑張るのかな?うーん。浅野-市川断層偏差値の近い浅野と市川とで難関大学への合格率が大きく異なることから、存...

続きを読む

中学受験いろは歌留多3~有為の奥山今日越えて

さてさて、中学受験いろは歌留多の第3弾(【う】~【て】)です。【う】兎追いしかの学校校長先生という人達は、生徒に兎を追わせるのがお好きのようだ。麻布の先代の氷上校長は勉強と学生生活の2羽の兎を追いかけさせたし、県立浦和のこれまた先代の杉山校長は、勉強と部活と学校行事の3羽の兎を追わせようとした。でも兎ちゃんを追わせようとする校長はついぞ見たことがない。これだけ男子校があるのに。【ゐ】田舎の横綱、江...

続きを読む

中学受験いろは歌留多2~我が世誰ぞ常ならむ

さて、中学受験いろは歌留多の第2弾(【わ】~【む】)です。【わ】早稲田ぐらいには行かせたい早稲田付属や早稲田系属と同偏差値帯の中学(武蔵・海城・渋渋)に進学させた保護者の偽らざる気持ち。早稲田にしとけばよかった駒東に進学した生徒(俺の友人の息子。2/3に早稲田中にも合格)の、高3の時の呪詛の言葉。いきなりリビングでため息まじりに言われて噴き出しちゃった。【か】過去問はいつからやるかいつからやっても良...

続きを読む

中学受験いろは歌留多1~色は匂へど散りぬるを

本日は中学受験いろは歌留多です。あんまり夏らしくないですが、まあ、思いついちゃったんでやりますよ。全体が長いので4つに分けます。まずは【い】から【を】。【い】1月から始めようもはや首都圏の中学受験は1月から始めるのが主流。通うあてがなくても受けておいた方が、受けない人よりもずっと2/1に力を発揮できると俺は思うのだが。しかし最初に最高の舞台を用意するという考え方も、なかなか攻撃的で面白い。【ろ】論...

続きを読む

『獄門島』(横溝正史1948年)~金田一耕助、フラれる

日本の推理小説のランキングを行うと、だいたい上位に『獄門島』(横溝正史1948年)が入ってくる。というか、大規模であれば大規模であるほど、1位は『獄門島』のものだ。で、本日は『獄門島』の話をしますが、ストーリーには触れません。「きちがいじゃがしかたがない」という了然和尚の台詞の真相の話もしませんし、歩く釣り鐘の謎の解明もしません。1977年の市川崑の映画『獄門島』(石坂浩二主演)において、シャア・アズナブ...

続きを読む

夏の盛りに横溝正史的な雪密室の謎2~足跡のない雪を見せたかったのか

今回の記事を読むためには、前回の記事「夏の盛りに横溝正史的な雪密室の謎1~地域によって儀式はいろいろ」(2019/08/25)を読んでからにしてください。今回は伏線があるんですよ。(まさにミステリー的)さて、九十を越える生き字引的な長老の婆さんと夏季限定ハワイアンフルーツパフェを挟んで、俺は終戦直後の雪の密室事件の話を聞くことになった。婆「お前さんは、あまりこっちには来ないんだろう?」俺「そうだね。今回みた...

続きを読む

夏の盛りに横溝正史的な雪密室の謎1~地域によって儀式はいろいろ

さて今回は横溝正史的な世界に、皆さんをお連れしましょう。記録的に忙しかった今年の8月はほとんど休めなかったのだが、わずかな休日の1日をこともあろうに法事に潰された。父方の遠い親戚の新盆に、朝から車を走らせ辿り着いた某県某郡の山間の田舎。なにしろ最寄り駅までは車で30分。その駅も、1時間に1本程度しか電車がやってこないへんぴなところ故、はなから公共交通機関での移動を諦め俺は愛車を駆らせたわけだ(あーあ...

続きを読む

世界初の映画のキス~製作者は誰だ?

先日仕事帰りに映画友人たちと酒を飲んだ。映画は見ない。で、その連中のうち一人が「キス」について話し始めた。中年がいきなり何故「キス」の話?これにはワケがある。というのもこの連中、以前記事にした映画仲間なのだ。ほら、「『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988年ジュゼッペ・トルナトーレ)~あざとさの反則」(2019/01/19)ですからね。キスになるんですよ、キスに。(これ以上書くとネタバレになるからここでやめます...

続きを読む

日本とロシア、もし戦わば

名前にジャーナルなどとつけておきながら、このブログはジャーナリスティックな内容に乏しいと、常日頃から少しばかり後ろめたい気持ちがある。でもさ、あいちトレエンナーレにしろN国党にしろ、話し始めたら右も左も橘も桜も薙ぎ倒すしかなくなるので面倒だよなあ。まあ興が乗ったら書きますが、たぶん皆様が期待するような愛国者的売国者的な話にはならない模様です。とはいえこの3ヶ月ばかりで面白かったのは、北方領土での丸...

続きを読む

指定校推薦百景~6年後は誰にもわからない

先日の記事「指定校推薦百景~四谷で50取れてるなら大チャンス!?」(2019/08/11)の最後で次のように書きました。実はもう一つ地雷があって、まあそれはおいおいお話しようと思います。というわけで、今回はその「もう一つの地雷」の話です。前回の趣旨としては、記事のタイトルにあるようにY50で推薦でマーチに入る、というものだった。2017年度のY80予想偏差値での数値は次の通り。足立学園 35(特奨48)江戸川女子 46(AO48...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント