FC2ブログ

記事一覧

麻布とポケモンと新古今と

麻布の文化祭が始まったので、今回は麻布のお話。それにしても今年の麻布の文化祭はなんで6月なのかなあ(すっとぼけ友人の息子は麻布生なんだが、おとなしくて、いわゆる「ウェーイwww」という感じじゃない。(麻布生に偏見アリ) そしてその子の友達というのも、輪をかけておとなしくて、遊びに来て部屋で二人でいるが、ポツポツと話すぐらい。 それで親父が 「お前たちはどんなこと話すの?」 「うーん、最近はポケモンの新作...

続きを読む

少女が戦士に変わるとき

このブログはタイトルの通り「中学受験」がメインだが、俺は中学受験に関しては、やるのもやらないのもどっちでもいい、と思っている。中学受験は「勉強」という側面から考えれば、やった方がメリットがあるのだろう。しかしその一方で、「落ちてトラウマになった」「受かって天狗になった」というデメリットもあるかもしれない。(個人的には、そうしたデメリットは中学受験の問題ではなく、個々の家庭の問題だと思うが……)ただ「...

続きを読む

中学受験をする家庭の処世術

中学受験というのは、昔に比べれば特殊ではなくなったとはいえ、まだまだ特別な香りのする世界だ。ましてや「中学受験」に興味がない、あるいは興味はあっても種々の理由で参戦しない家庭からすると、そこにはちょっとした「否定したい」気持ちをくすぐるモノがある。(特に後者の家庭にとっては)よく聞くことだが、中学受験の話題になると否定派から、「まだ小学生なのに、あんなに勉強させられてかわいそう」という言葉があがる...

続きを読む

世界のすべてを「ベスト5」にしてみる

先日友人と飲んでいる際に、ベスト5づくりというものをやってみた。何でもいいからベスト5を選ぶのである。たとえば有名な将軍ベスト5。まあ徳川家康、源頼朝はあがるだろう。その他は徳川吉宗、徳川家光、徳川慶喜といったところか。おや、江戸幕府が4人も入った。足利義満ぐらいは入れてあげよう。でも誰を外そうか。進学校ベスト5ならどうか。開成、灘、筑駒、ラサール。それに桜蔭か。心情としては麻布を入れてあげたいと...

続きを読む

13番目の椅子は誰の手に

今日は皆さんへのクイズです。次の学校に共通していることは何でしょうか?日比谷、戸山、西、新宿、灘、筑駒、筑附、学附、麻布、開成、ラサール、桐蔭学園すべて名だたる進学校ですが、全部に共通していることとなると、ちょっと難しい。私立あり、公立あり、国立あり。首都圏あり、関西あり、九州あり。男子校あり、共学校あり。(おや、女子校はないな)中高一貫あり、高校のみあり。進学校揃いですが、武蔵や栄光、聖光、渋幕...

続きを読む

ゼロ時間へ~しかし「ゼロ時間がいつか」を見誤ってしまう

先月「アクロイドって誰?という人は、幸いである~これから心底驚くがいい」(2019/05/31)を書いたが、今回もクリスティ。作品は『ゼロ時間へ』(1944年)。この作品にはポアロもマープルも出てきません。バトル警視が探偵役ですが、ちょっとネームヴァリューないよねえ。さて、タイトルにある「ゼロ時間」とは何でしょうか。それは「殺人の瞬間」です。おいおい、いきなりネタバレかよ、などと怒らないでくださいね。ゼロ時間が...

続きを読む

真夜中のファイティングポーズ

俺のブログは当たり前だが、世界に開かれている。つまり不特定多数の人に向けて書かれているというわけだ。しかし今日は、キミのために、キミだけに向けて書こう。社会に、そして自分に絶望して、未来を見ることができないでいるキミ。「死ぬなら一人で死ね」という言葉に、心を棄ててしまうキミ。そんなキミに、ちょっとした落書きを紹介しよう。3年前に2ちゃんねる(現5ちゃんねる)に書かれた書き込みだ。2ちゃんの書き込み...

続きを読む

海城中学のドラマエデュケーション

海城中学というのは、俺のお気に入りの学校のひとつだ。気に入ったのにはいくつか理由がある。今日はその中のひとつ、ドラマエデュケーションの実践校という側面を書こうと思う。ドラマエデュケーションとは、演劇的な手法を使いながら人間関係力を学ぶプログラムのことだが、これだけでは何を言ってるかわからないだろうから、具体歴に説明します。まず話者がひとつの話をします。海城の場合、それは近くの商店主や教員の知り合い...

続きを読む

俺「くっ…何を飲ませた!」敵「ククク…」←何を飲ませた?

先日、友人に誘われて都内某所のとあるカクテルバーへ行った。(女の子はいない)19世紀のヨーロッパという趣の内装で、灯りも抑えられてて、何やら怪しい貴族のアヘン窟といういでたち。友人はその店の常連らしく、「オリジナルのカクテルがあるから」と言って酒を俺にふるまってくれた。一杯目は柑橘系のリキュールが入ったカクテル。サッパリした飲み口の後に、ゆっくりと幕が下りてくるような酔い心地のする酒だった。二杯目は...

続きを読む

ホンダ・シビック 2ドアハッチバック

俺の愛車はBMW7シリーズだが(自慢、でも廃車近し)、うちの社の若い連中は「ふーん」てな反応。若者のクルマ離れ、いとさみし。さて、俺が最初に乗ったクルマは、家のクルマ、トヨタ・カローラだった。エンジンオイルもテキトーにしか交換しないずぼらなメンテナンスのせいか、あまり調子のいい車ではなかった。それから1年して、借金してホンダ・シビックを新車で買った。これは素晴らしいクルマだった。カローラに比べると...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント