FC2ブログ

記事一覧

公立中高一貫校旋風、吹き荒れる!

最初に断っておくけど、これは校風やら好き嫌いやら家から近い遠いやらをすべてとっぱらって、とにかく入口(偏差値)と出口(大学合格実績)だけに目を向けた話です。というわけで、「都内公立中高一貫校の東京一工率3年推移」(2019/04/07)の続き。東京一工率※平均は3年平均。※数字は「サンデー毎日」より。学校名称 Y80男女 平均 *2019 *2018 *2017桜修館高 55・55 09.7% 14.6% 06.6% 08.0%大泉高校 52・54 04.5...

続きを読む

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」~ベムラー数と有栖川有栖

3で割り切れる数をベムラー数という。大学の数学科あたりでは今でも使う言葉だ。で、次の数字のうち、ベムラー数はどれにあたるだろうか。6 10 21.3 101 1億さすがに10や101や1億を選ぶ人はおるまい。(いたら恥ずかしがらずに手を挙げることっ!)6を選ぶのは当然として、問題は21.3は選べるのかどうか。21.3を3で割れば7.1。割り切れるから当然選ぶ、という人がいる一方、小数点がどうも気になる、といって選ばない人が...

続きを読む

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」~エベレスト問題とエラリー・クイーン

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」(新井 紀子:東洋経済新報社)を読んだ。勿論、ひのき坂さんや甘えん坊将軍さんに触発されてだ。内容はかなりショッキングだったので、後日いろいろ書きたいと思うのだけれども、その中で1点、どうしてもわからないことがあったので、今日はみなさんの意見をもらいたく、この記事を書きました。問題の箇所はP192。*************************************[例題4 推論] 次の文を読みなさい...

続きを読む

元ネタはどこまで遡るべきなのか~令和とあの叙述トリック

元ネタはどこまで遡るべきなのか。なんの話かと言えば元号である。令和である。この元号は元号史上初めて日本の国書から採られた元号ということで、菅官房長官も「万葉集にある文言から引用したものであります」と言っていたが、どうも雲行きが怪しい。岩波文庫編集部 が、「令和の起源は張衡(ちょうこう、78年~139年)の詩「帰田賦」ではないか」 とツイートしたのをネットニュースで見て、ちょろちょろと調べてみたが、どうや...

続きを読む

『悪魔の花嫁』~「午後の出会い」に出会えた幸せ

昨日の記事「いつも近くに漫画があった」(2019/04/10)のコメント欄で甘えん坊将軍さんが>…少女漫画は全く触れたことのない世界なので、色々な話が聞けるのが楽しみです。人間の闇というか、怖い物語を希望っ!と書いていましたので、ちょっと思い出したものを1つ。(コメント欄でなく記事として書き込めちゃうところが、ブログ主の特権なのであった。ワハハハハ)昨日の記事でも紹介したが、『悪魔の花嫁』(原作:池田悦子、...

続きを読む

いつも近くに漫画があった

いつも近くに漫画があった。初めて漫画を意識したのは、床屋の「週刊少年ジャンプ」だった。週遅れというか月遅れというか、場合によっては年遅れの「週刊少年ジャンプ」をむさぼるように読んだ。古いところでは『1・2のアッホ!!』(コンタロウ)、『ドーベルマン刑事』(原作:武論尊、描画:平松伸二)。『1・2のアッホ!!』の「カントク」と「定岡」のバディコントには大笑いしたし、『ドーベルマン刑事』の沖縄を舞台にした連作...

続きを読む

麻布学園ここ50年の不祥事の歴史

ここ50年の麻布の不祥事をまとめてみたのでご覧あれ。1969~72 学園紛争、校長代行逮捕1975 文化祭公金横領事件(広告収入を禁止)1978 全国高校野球選手権大会の東東京予選・小山台戦のヤジ事件(朝日新聞に喧嘩売る)1981 校内飲酒事件1998 屋上閉鎖事件2007 飲酒事件により運動会中止2012 サンクス出禁事件(要出典)2013 不適切事件により運動会中止(不適切ってなんだよ?)2013 ゲロ鍋事件2019 花火ボヤ事件←イマ...

続きを読む

都内公立中高一貫校の東京一工率3年推移

今年、知り合いの娘さんがとある都内公立中高一貫校を受検した。他はどこも受けないチャレンジ受検だったが、終わって家に帰るまでの間に「ムズい」を20回ぐらい言ったそうな。結果は撃沈。今週から地元の中学に通うとのこと。そんな縁があって、都内の公立一貫校の大学合格実績の推移を調べてみた。ここのところ良い話しか聞こえてこないから、実績は上がっていると思っていたが、予想通りの結果だった。<都内公立一貫校の東京一...

続きを読む

1年前はこんなことが書いてありました

今回は1年前に書かれた記事を読んで、それがどれだけ当たったか、というより、どれだけ外れたかを楽しむという、いたって品性の悪い回です。俎上にあがるのは、デイリー新潮「進学戦線に異状あり… 3年後に東大合格者が「増える高校」「減る高校」」(週刊新潮 2018年4月5日号掲載)。まずは駒場東邦に関する記事からいこう。「駒東の“滑り止め”にされることも多い浅野は、新高3が学校始まって以来の優秀さ。来年(JG注・2019年...

続きを読む

数学の難化でいろいろな風が吹いたようだ

今年の東大理系2次は数学が難化した。同じように文系数学も難化した。東工大も2次数学は難化(超難化)した。ところが京大の2次数学は文理ともにやや易化、一橋2次数学は例年並みかな。…と思って、予備校に勤めている友人に連絡を取って確認したら、「まあ、そういう認識でよかろう」と上から目線のお墨付きを頂いた。というわけで、「数学の難化はどんな影響を与えたのか」を探るには、東大と東工大の変化に注目すべしと眦を...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント