FC2ブログ

記事一覧

組織は時に自由を嫌う~松濤で雨後さんに会ったなら

松濤のゆるい坂を降りていくと、途中の喫茶「西班牙亭」の手前で雨後さんとばったり会った。「おやおやお出かけで」「ええまあちょっとそこまで」と挨拶した後で、「そうそうあの件ですが」「え、あの件?」「そうあの件」「ああ自由の件」ということで、「西班牙亭」で冷やし珈琲を飲みながら話すことに。という妄想をひとまず蹴とばしてだな、雨後さんがコメント欄で訊いた自由への拘りについて、今回は書きます。大学生のころ、...

続きを読む

日本はいつからサッカー強豪国になったんだ?!

幾つかの論評を目にした時の俺の素直な感想は「日本はいつからサッカー強豪国になったんだ?!」何の話かと言えば、対ポーランド戦のボール回しのことである。予選リーグ勝ち抜けを狙ったボール回し作戦が一部で批判されているが、FIFAランク61位の弱小国(今回のW杯出場国ワースト3)が決勝トーナメントに進むのに、「美しいサッカー」(笑)をしなかったからという批判が妥当かどうか、よく考えて欲しいな。さて今回の件で言うと...

続きを読む

既成概念を疑うのは悦楽である

夕刊フジに【有本香の以毒制毒】というコーナーがあるらしい。「らしい」がつくのは、俺は今日はじめてwebでその存在を知ったからだ。今日はこの記事をつまみにして、自由にまつわるお話。【有本香の以毒制毒】の今回の記事はなかなか刺激的だ。 その特異な「方式」とは、公立校の教師が、主に勉強のできる子の私立学校進学を断念させ、近所の公立学校への進学を強要する指導だ。高槻を含む大阪の一部地域と、和歌山で行われてい...

続きを読む

vs.小島武夫~時に勝負では勝つことよりも、傷跡を残すことが勲章となる

さて、コメント欄にこんなことを書いた。それにしてもみなさん、なかなかの打ち手でいらっしゃる。まあしかし、俺には及ばないだろうねえ。何しろ俺は先ごろお亡くなりになった小島武夫氏と打ったこともあるし、また「小島武夫の弟子」という称号もいただいているのだよ、フフフフ。そこで本日は麻雀のお話。俺が小島武夫氏と麻雀を打ったのは、もう四半世紀も前、とある大学で小島氏を講演会に呼んだ後の打ち上げでだ。友人が実行...

続きを読む

何を見ても何かを思いだす~年を取ると過去が美しくなってくる、らしい

ヘミングウェイに『何を見ても何かを思いだす』という作品がある。読んではいないが、いいタイトルだと思う。レイモンド・カーヴァーに『ささやかだけれど、役にたつこと』という短編がある。これもいいタイトルだと思う。(これは作品も読んだ。なかなかいい作品だと思うが、カーヴァーにはもっといい小説がたくさんあるので微妙だな)さて、何を見ても何かを思いだす、という話。先日TSUTAYAでDVDの背表紙を見ていたら、ふと『フ...

続きを読む

落ちるときは落ちる、ただ飛行機乗りと違って、一度墜ちても次がある

「中学受験のギャップ」とはいうのがこのブログのタイトルだが、ギャップというのはいろいろなところに転がっている。以前書いたように、入口と出口がどのように相関しているのかしていないのか、入ってからの決まり事(その多くはどこにも公表されていない)、何となく蔓延している空気などなど。そうしたこととは別に、入学試験に関する「ギャップ」というか「意外性」というか「混乱」に関してが今回のお話。俺の知り合いの息子...

続きを読む

誰も通らない赤信号はとまるべきか~塀を乗り越える脚の軌跡

若い頃、夜の郊外を車で走っているときに信号無視で捕まったことがあった。赤だから停車したのだが、止まっている間に車の往来がなく、そろそろと前進させて左右を見ると車も人も自転車も、まったく見あたらない。それでさっさと走り出したのだが、何百メートルか走ったところで「前の車、とまりなさーい」とやられた。まずいことにその時となりに恋人(当時)を乗せていて、その娘の門限時間が迫っていた。普通に走っていけば間に...

続きを読む

偏差値15下の学校に進学するということ~フーコー秘密倶楽部は楽しかった

以前某掲示板で「持ち偏差値より15以上、下の学校に進学する事」という話題があった。受験に失敗して持ち偏差値より15以上下の学校に進学する子がいるが、もっと上の学校だって受かっているのに信じられない、その子のためにもアドバイスしたけど聞いてくれない、どうしたらいいですか、というものだった。答えは簡単。お節介はやめな。しかしここで、そういった世情から一旦離れ、偏差値で15下というのを考えてみよう。男子頂点で...

続きを読む

2018中堅校現役MARCH以上進学一覧表から見えること

いつも上ばかり見ているような気がするので、今回は中堅校を中心に現役進学先を見ていこうと思う。データは前回同様「サンデー毎日」(6/24号)から。2018中堅校現役MARCH以上進学一覧表A率:旧帝一工神戸率B率:筑千埼外茶農工首都横国率C率:国公立率D率:早慶率E率:上理率F率:MARCH率G率:MARCH以上率学校名称 種 偏差 A率  B率 C率  D率 E率  F率 G率本郷高校 男 60.5 11.6% *4.6% 19.5% 12...

続きを読む

2018旧帝一工国公医早慶2~どこに進学したいかという裏校風

前回「2018旧帝一工国公医早慶1~就活とフィルター」の続き。今回は、大学合格結果の傾向から裏校風が見え隠れするよ、というお話。ところで裏校風とは何か?これは俺が勝手に作った言葉だが、要はHPや説明会や世間一般に知れ渡っている校風(表校風)とは別に、学校が画策しないうちに出来上がってしまった(だからほとんどアピールされない、また世間でも知る人ぞ知る、というような)校風を意味する。裏付けも何もなかったり...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント