FC2ブログ

記事一覧

共学別学の話かと思ったら、最後に意外な真実が

以前、別学共学論争の時に共学派の方が「別学に通っていると男女の交流が阻害され、男女平等の考え方が育たない」と書いていた。もしそれが本当で、別学に通っていると男女平等の考え方が育たず、逆に共学に通うと男女平等の考え方が育つとするならば、9割以上の人間が共学に通っている我が国は、さぞかし男女平等大国になっているはずである。さて冗談はさておき、俺はその時、共学に通うことで逆に男女平等の考え方が阻害される...

続きを読む

素直じゃない子供、ひと言多い子供、生意気な子供を集める作戦

ここのところ社会科・歴史の入試問題について書きましたが、今回は同じ社会科でも中学受験の社会科についてです。<過去関連記事>「誰だよ、歴史は暗記じゃねえ、なんてデマ飛ばしたのは?」2020/09/21「大学入試(日本史)の難問奇問から、東大問題を解決する妙手を発見!」(2020/09/22)中学受験の社会科って、ちょっと異色なものが多いんですよ。たとえばご自身が中学受験を経験してなくて、子どもに中学受験をやらせている場...

続きを読む

中学受験が持つ磁界に、方位磁針が狂わされる

親として子供に言ってはいけないこと、やってはいけないこと、というのはあるだろう。もちろん中学受験に限っても、そういう言葉や行動はある。というわけで今回は、狂気に駆られて言ってしまいそうな、やってしまいそうなケースを見ていきましょう。「どうして勉強しないの!」「なんで同じミスをするの!」「いくらお金かかってると思ってるの!」「もう受験なんかしなくていい!」いやあ、1度や2度ならず口にした方も多いので...

続きを読む

模試の結果に一喜一憂しない方が良いのか?

秋になるとたて続けに模試が実施され、我が子の学力が白日の下に晒される。いや、白日の下に晒されるのは今日に始まったことではないが、春や夏前と違って入試まで残された時間が圧倒的に少ないので焦る人も多かろう。さらに開成、麻布、桜蔭などの難関校の冠模試が次から次へと押し寄せてくる。さてこのような秋の天王山、雑誌やwebではことあるごとに保護者に対して「模試の結果に一喜一憂するな」と言ってくるが、これはどうい...

続きを読む

秋です、中学受験の保護者たちがおかしくなり始める季節です

中学受験の相談を受けることがる、と以前書いた。そして「うちの子に合う学校はどこ?」と言われると困るとも書いた。(「うちの子におススメの学校はどこなのさ」2020/07/29)その子に合うかどうかなんて、わかる筈がない。「いや、そんなことはない、ちゃんと情報があればわかる筈だ」という人がいたら、訊いてみたい。その学校が合うか合わないかなんて、11歳や12歳の少年少女たちの何を見て何と判断するつもりなのだ?人間は驚...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント