FC2ブログ

記事一覧

十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない

「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。」これは作家のアーサー・C・クラークの言葉だ。(アーサー・C・クラークの代表作は何だろう。ありすぎて困るぐらいだが、『2001年宇宙の旅』あたりか。俺は『白鹿亭綺譚』が好きだけど)確かに1000年前に行ってマッチを擦ったら、魔法だと言われるかもしれない。しかし現代の我々にとって、魔法と見分けのつかない科学とは何だろうか?何百光年も遠い星の砂を持ってきても...

続きを読む

高校聖日記2~惑星とは「惑う星」をいう

以前、北関東の高校生カップルについて書いたことがあった。(「高校聖日記~北関東の男子たちはどういう教育を受けているのか?」(2018/12/29))今回は東京版高校生カップル事情。昼下がりの都内某所のパン屋。チェリーパイがおいしいと職場の女の子たちが言っていたので、気になっていたパン屋だ。買って奥で食べることもできる。俺はコーヒーと目当てのチェリーパイを買ってイートインのコーナーに入ったが、予想以上に込んで...

続きを読む

『道化師のソネット』と騙される脳

さだまさしの古い歌に『道化師のソネット』という曲がある(名曲)。この歌の次の歌詞が今回のお話の枕です。笑ってよ君のために 笑ってよ僕のためにいつか真実(ほんとう)に笑いながら 話せる日がくるからこれは「形」を続けていれば「内容」も伴っていく、というメッセージだろう。これに関する脳科学の記事を最近見かけた。簡単に書くとこんな感じ。楽しいことがある ↓脳「あ、楽しいことだ!快楽物質ださなくちゃ」 ↓顔「...

続きを読む

アンリトンルールという反社の掟

俺はアンリトンルールという奴が好きじゃない。といきなり書き出してみたが、そもそも「アンリトンルールって何?」という人も多いと思う。アンリトンルールとはunwritten rules、不文律とでも訳そうか。書かれざる法律ということ。いちいち文章にしたりルールとして縛ったりしないけど、文化としてこれは守ろうね、という紳士協定。(淑女協定という言葉はないのかな?)で、俺はどうもこれが好きじゃない。不文律という文化背景...

続きを読む

行動遺伝学が示唆するひとつの、あたりまえの帰結(笑)

今回は「遺伝と学力」というお話。以前登場してもらった安藤寿康慶應大学教授に今回もご登場願おう。<参考記事>「遺伝と学力とスヌーピー」(2019/08/10)安藤教授はこう書く。学業成績だけではない。どんな能力にも遺伝の影響がある。とすれば、人並み以上になにかを成し遂げたいと思ったとき、遺伝的才能のないところに力を注いでも厳しいこと、ひょっとしたらムダであることに、容易に気づくだろう。もしがんばっても学業成績...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント