FC2ブログ

記事一覧

無限選択の罠

今回はいい歳した大人(俺)が、若造にいいようにからかわれたお話です。先日、付き合いのある東大生からこんな問題を出された。ここに2つの封筒A、Bがある。それぞれの封筒の中には、金額の書かれた紙が入っている。金額は同じではなく1:2になっている。どちらかひとつの封筒を選び、その紙に書かれた金額が貰えるゲームを行う。但しどちらの封筒に高い金額が書かれた紙が入っているのかはわからない。封筒Aを選ぶと、中に...

続きを読む

その実験は何回行われたのか?

ここ2回、『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』(ターリ・シャーロット)についての記事を書きましたが、実は前々からこうした社会科学系の本(経済学とか心理学とか統計学とか)を読むたびに疑問に思っていることがあります。それは、社会科学の実験は何度も行われているのか、ということ。<参考記事>『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』1~人間は影響を受ける動物である 2020/11/13『事実はなぜ人の意見を変えら...

続きを読む

予言鳥は啼く、されど鳴かず

俺は予言や予想を何度もする。そして皆さんご存知のように、なかなか当たらない。しかし当たらないからと言って誰かのせいにしたり、あるいは、「いい勝負だった(から外れても仕方がない)」「これは勝ったも同然」などというような負け犬っぷりを晒したりはしない。なぜならそれは「恥ずかしい」ことだと俺は思うし、そうした恥ずかしい人間に子供たちはなってもらいたくないからだ。そういうわけで、今回は高須クリニック院長の...

続きを読む

天皇ネクタイ説

「天皇機関説」というのは、少し気の利いた先生なら中学で教える。そして高校ならば、その後の騒動までも面白おかしく話すかもしれない。しかし大学で本式でやるとなると、随分大変なシロモノだ。え?今回はやけに難しそうだって?安心してください。すぐにやわらかくなります。※平成天皇(現上皇)と愛車のホンダ・インテグラ。なかなかのスピード狂だったそうです。さて、天皇機関説ですが、これの厄介なところは、余りに当たり...

続きを読む

知的刺激を受けた本たち

甘えん坊将軍さんから9000コメント特典で「JGさんが知的刺激を受けた本」というお題を頂きましたので、今回はそのお話。「本の紹介」ですから、本のタイトルと著者というスタイルで提示すべきだと思いますが、著者の思考特性が顕著に出るセレクト方法なので、基本的に著者ごとに紹介しましょう。こういうブログですので、学歴もつけておきました。※小学館のロゴの二人が立ち上がった!さあ、好奇心を満たす旅に出よう!瀧本哲史(...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント