FC2ブログ

記事一覧

ロジカル・ミステリー・ツアー2~元ネタを確認しろ!話はそれからだ

今回は前回「ロジカル・ミステリー・ツアー1~小学生から塾に行っていたら東大には入れない?」(2019/10/12)の続きです。

「塾に行かずに東大へ!」というブログでの2つのミスのうち、1つはロジカルミスだったが、もう1つは驚愕のミステイクだった!というわけで、前回の内容に少し伏線が含まれていますので、できれば前回をお読みになってから、今回の内容を読んでいただければと思います。

前回「塾に行かずに東大へ!」というブログで致命的なロジカルミスがあったとことを書きましたが、そのブログで紹介のあった東京大学新聞のアンケート、「小学生の頃の校外学習は?」という質問に東大生が何と答えているか興味があったので、そのソース元を見てみました。

東大生の小学校習い事


ほうほう、日能研とSAPIXがそれぞれ15%弱か。思っていたより少ないな、などと記事を読んでいたら、ちょっと怪しい雰囲気に。
こ、これは、……。

タイアップ記事じゃねえか!

進研ゼミとのタイアップ記事を元に、「塾に行かずに東大へ!」のブログ主は「小学生から塾に行かせていたら東大には入れない」なんて書いていたのか……

そりゃあタイアップ記事とはいえ、嘘は書かないだろうけど、塾を日能研とSAPIXしか書いてない時点で少しは疑問に感じてくれよ。
早稲アカも四谷大塚も希学園も浜学園もない。
しかしタイアップ記事だとわかれば、何の不思議もない。
進研ゼミからしたら、自分の教材をどれだけ使ってくれたが重要なのだから、塾名をずらずら書くわけがないからだ。

そういう常識というか、世間知がこのブログ主には見当たらない。
思ったことをその場その場でパッパッと書いているような、危なっかしさがある。
(ツイッターで馬鹿な動画を上げる若者と一緒です。本人は否定するかもしれないけど、メンタリティはほとんど同じ)


ちなみに他の記事(「「東大生親」と「東大受験生親」の違い」)では、こんなことも書いている。

>かつてボクは、ある予備校主催の「東大現役合格のための保護者説明会」というものに参加したことがありました。この時には東大受験生の保護者たちの「圧力」「熱量」みたいなものを感じたものでした。やはり東大受験となると親もホンキだ・・・・それに比べてボクは・・・なんて思ったものでした。その時に比べると、東大生の親たちは静かな感じでした。
>このボクの勝手な解釈をさらに拡大解釈すると、受験の時のあの熱力の高い親たちの子供たちは不合格になり、静かに受験を応援していた親たちの子供がいま東大に通っている・・・ということになるのです。


つまり、

「ボク」は受験前の保護者説明会では他の保護者とは違い、熱気がなかった。
 ↓
「ボク」の子は東大に受かった。
 ↓
その後の東大生の親の集まりは静かだった。
 ↓
受験前の熱気ある保護者の子どもは落ちて、静かな保護者の子どもが受かった、ということになるのです。


本当に愚かだな、オイ。

ちなみにこの記事に対して俺は

恋人に対する熱量と、女房に対する熱量は違うに決まってるぞ。

と投稿したが、現時点でまだブログに掲載されていない。
ボツになったかな。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

東京大学新聞はおススメ

ちなみに元ネタの東京大学新聞の記事は下記アドレスで読むことができます。
東大受験を考えている人は、定期購読をお薦めします。
(年間42号で7400円)

http://www.todaishimbun.org/benesse20190222/

記事の最後にしっかりと(タイアップ記事)の太字が…

No title

 まあ、ね。

「公立行っても東大いける」
「塾なんか行かなくても東大いける」
「東大行く奴はどこからでも入る」
「まるで勉強なんてしなくても東大行った」
「東大行ったって 引きこもりはいる」
「東大なんて社会に出たって役に立たない」

 全部 事実なんでしょうけど、サンプル数がいくつなのか、それが東大全体に対して何パーセントなのか。

 こう、自分のこと、身の回りのサンプルで全体を語るときは、それを自覚した方がいいと思うのです。
語ってはいけないのではなく、サンプル数1の自分の家のことだ、と 自覚して、明記して書いた方がいい。

まあ、「小学校で塾に行ったら東大には行けない」 というのを信じる方がいらっしゃれば 信じて実践すればいいのでは。  ほほほ。

※それはそうとして、やっぱり塾なし 公立ってのは話としては美しいんですよね。
 公立中、公立高 塾なし。 お金かけずに東大に行く。 このルートは0にしてはいけない。

※要するにおとぎ話だって お金持ちの貴族の美男美女がめでたく結ばれました ってのは美しくないってことかな。

懺悔

「東大生の3人に1人?やっぱり公文っていいんだね!」と公文で行こう(取り敢えず放り込んでおけばといった面持ち)と心を決めていたお母さんの横で「(東大生の)3人のうち2人が公文ナシということか…」と呟いたら「あ」と言ったきり沈黙。

同じことを言いかえただけなのですが、なんか思いきり勢いを挫いたみたいで悪いことをしましたすいません(棒)

俺のコメント

俺のコメントはいまだにブログに掲載されていない。
そんなに打たれ弱いのか?

ワインを飲みすぎたので、この親御さんのブログをきちんと読んでもいないのに大きな口を叩きますが、本気で東大を目指すのなら、公文をさせるとかさせないとか、塾に通わせるとか通わせないとかを、東大受験と紐付けて考えないほうがよいと思う。

抹殺か?

「塾に行かずに東大へ!」ブログ、記事が更新されたけど、俺の書き込みは反映されず。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント